パパ活ができるアプリやサイト、サービスのおすすめランキングをご紹介しています。口コミで人気No.1のおすすめパパ活アプリは?パパ活アプリの口コミ評価や評判で比較したランキングです。体験談も満載♪パパ活をしたい方はぜひご覧ください。

パパ活で付き合う可能性は|パパ活から本気のお付き合いに発展する?

リョウ
WRITER
 
パパ活 付き合う
この記事を書いている人 - WRITER -
リョウ
30代男性です。小さい会社を2つほど経営、あとは投資などでご飯食べています。パパ活歴は5年以上、交際クラブ4社登録、パパ活アプリ10個以上使用、出会った女性は100名以上。パパ活で経験したことを脚色せずそのままお伝えします。

パパ活コンシェルジュのリョウです。

こちらでは、「パパ活と付き合う」をテーマにお話しをしています。

パパ活は、経済的なサポートを前提としたお付き合いなので、本気の恋愛に発展することは無いと言われています。

でも、人間同士のお付き合いである以上「絶対に無い!」とは言い切れませんよね。

特に、今パパ活で相手のことが好きになっている方にとっては、「パパ活から付き合うことはできるのか」気になると思います。

そこで今回は、「パパ活でガチで付き合うのはアリかナシか?」「実際に、パパ活から恋人同士のお付き合いに発展することはあるのか?」について、口コミや体験レポートをもとに徹底解説します。

パパ活女子のことを好きになってしまったパパ(男性)はもちろん、パパのことが好きになってしまったパパ活女子も、興味のある方はぜひご覧になってくださいね。

パパ活で付き合うことはある!

パパ活 付き合う

結論から言ってしまうと、「パパ活で付き合う(恋愛として交際に発展する)」ことはあります。

これは、パパ活をしている男性の口コミや体験レポートだけじゃなく、僕の周りのパパ活実践仲間の体験談など、幅広いパパ活男性の声を元に言えることです。

そして、僕自身も5年間のパパ活の中で、パパ活を通じて、女性と「恋愛としてのお付き合い」に発展したことが、少なからずあります。

恋愛として付き合うことになった女性の人数は、決して多くはありません。

全体の割合から見ると、圧倒的にパパ活のみの交際に終始している女性が多いです。

それでも、一部、恋愛の男女関係としてお付き合いをしていた女性は確実に存在しています。

中には、結婚まで意識した人もいるほどです。。

なので、「パパ活で、女性と付き合うなんて無理なんだ…」と諦めないでくださいね。

可能性は小さいかもしれませんが、正しい方法でパパ活をすれば、恋愛として付き合うことができることも十分に可能です。

では、その根拠について詳しくお話ししていきますね。

パパ活で恋愛に発展しづらい理由

パパ活 付き合う

まず、パパ活で恋愛の付き合いにする理由や方法をお話しする前に、「そもそも、なぜパパ活では恋愛の付き合いに発展しづらいのか」について、簡単にお話ししようと思います。

ここをしっかりと理解しておくと、いざ、好きになった女性と恋愛のお付き合いをしたいと思ったときに、上手に立ち振る舞えるようになりますよ。

パパ活における男女の考え方の違い

パパ活 付き合う

はじめに、「パパ活における、男性と女性の関係性・価値観」についておさらいしてみましょう。

パパ活は、「女性=男性からの経済的なサポートを受けるため」「男性=女性とデートをしたり、体の関係になるため」

このような関係図が決まっています。

誰もが、みな、この関係からスタートするわけですね。

この関係上、男性は比較的パパ活相手の女性を好きになりやすい傾向にあります。

疑似恋愛とはいえ、「男性からの好意」を前提とした交際ですからね。

つまり、「男性からの一方的な好意」は、パパ活では比較的起こりやすいんですね。

しかし、男性が一方的に相手の女性を好きになっても、付き合うことにはなりません。

「女性が男性を好きになって、はじめて恋愛として付き合うことになる」んですね。

そして、この『女性が男性を好きになる』ことは、パパ活ではほとんど無いと言われています。

なぜなら、女性は「男性からの経済的なサポートを受けるため」に、男性と一緒にお茶や食事をしたり、デートをしたり、体の関係になるわけです。

そこに異性としての好意はないんですね。

どちらかと言うと、パパ活をしている女性は、パパ活を「仕事」として考えている節があり、パパ活相手の男性のことを「仕事相手」と思っている方が多いです。

この、パパ活における、男性と女性の、相手に対する温度感の差が、「パパ活では、恋愛の付き合いに発展しづらい」大きな要因になっているんですね。

パパがガチ恋になるのは面倒…

パパ活 付き合う

そのため、パパ活で男性が女性のことを好きになったとき、男性が好意を女性に伝えると、女性は「あーガチ恋になったか、うっとうしいな…」と思われてしまう、ということです。

もちろん、これは極論で、中には好意を純粋に喜んでくれる女性もいるでしょうし、好意を上手く利用してより上手にパパ活に勤しむ女性もいるかもしれません。

とにかく、言えることは「男性から好意を示されても、それで女性が男性を好きになり、恋愛でのお付き合いに直結することは無い」ということですね。

多くの女性は、パパ活で男性に求めていることは、「経済的・金銭的なサポート」です。

もちろん、キャバクラや風俗ではないので、男性に対して「優しさ」や「面白さ」なかには「ルックス」を求める女性もいるかもしれません。

でも、何よりもパパ活で女性が男性に求めるのは「きちんとサポートをしてくれるかどうか」であって、自分のことを好きになってくれるかは求めていないんですね。

誤解のないように言うと、「好きになってくれる」ことは人としては嬉しいでしょう。

誰しも承認欲求があるように、パパ活とはいえ、女性は男性から嫌われたり、無関心でいられるよりは、自分のことを好きな男性と交際(パパ活として)したいと思います。

でも、その好意があまりに激しくなり、「束縛されたり」「恋愛として本気になられたり」すると、「面倒くさいな…」「怖いな…」と思ってしまうんですね。

その結果、その負の気持ちが「サポートしてもらえる」というプラスを上回ってしまうと、最終的に「このパパは、もう切ってしまおう…」となるわけです。

つまり、パパ活で恋愛の付き合いに発展するためには、「男性が女性を好きになる」のと同様に、「女性に男性のことを好きになってもらう必要がある」ということです。

この条件を満たしていないのに、一方的にパパから好意をぶつけられると女性は困ってしまいます。

困るくらいで、やんわりと流してもらえればいいですが、「あ、ガチ恋できたか、面倒だな…」と思われると、最悪の場合、切られる恐れもあります。

それを避けるためには、女性の自分への好意を確認するまでは、自分の好意もあまり一方的にぶつけないよう気を付けましょう。

恋愛がうまくいくために欠かせないのは、相手と自分との「温度感を合わせること」です。

どちらか片方の温度感に差があり過ぎると、ほぼ上手くいくことはありません。

これは、ふつうの恋愛でも言えることですが、パパ活では、疑似恋愛や体の関係などによって「男性が勘違いしやすいシチュエーションが多い」ため、より一層気を付けるようにしてください。

それでは、前置きが長くなりましたが、「パパ活で、女性に好きになってもらう方法」について詳しくお話ししていこうと思います。

パパ活女子と付き合う方法

パパ活 付き合う

パパ活で出会った関係であっても、「パパ活として」ではなく、「恋愛として」付き合いに発展することは、可能性として十分にあります。

しかし、それは簡単なことではありません。

決して、「お金をあげて、優しくしてあげれば恋人にできるわけではない」んですね。

もちろん、中には、お金の力だけですり寄ってくる女性もいますが、本当の意味での恋愛関係にはならないでしょう。

女性にも、自分のことを好きになってもらい、しっかりと両想いになったうえで付き合うためには、いくつかの条件・ステップが必要となります。

それを今から説明していきますね。

フィーリングが合うこと

パパ活 付き合う

まずは、付き合う方法に入る前に「大前提」のことです。

フィーリングとは、「人から受ける、直感的で、漠然とした雰囲気、波長」のことです。

異性じゃなくとも、同性や動物、物であっても、「なんか、この人と一緒にいると心地いいな~、波長合うな~」と思えることってありますよね?

そして、そういう人と仲良くなりたいと思うはずです。

それが、パパ活の出会い、パパ活からの恋愛のお付き合いでも、まったく同じことが言えるということです。

男性はもちろん、女性も、「この人とはフィーリングが合わないな…」と感じる相手と付き合いたいとは思いませんよね。

付き合いたいと感じる相手は、必ず「一緒にいて心地いい」「一緒にいて楽しい」「一緒にいて時間が過ぎるのが早い」と思うはずです。

つまり、相手にも同じことを感じてもらわなければなりません。

少なくとも、「フィーリングが合わない」と思われてはいけない、ということです。

そのため、付き合いたいと思える女性がいたら、必ずその女性に「自分とフィーリングが合う!」と思われるよう努力をしてください。

会話・言動のトーン・テンポ、物事の価値観など、『フィーリングが合う』と思える要素は、たくさんあるので、出会っている時間のすべてを使って、意識してもらえるよう努力をしましょう。

理想は、こんな努力を意識しなくても、無意識に接しているだけで、フィーリングが合うとお互いに思えることです。

ただ、本気で付き合いたいと思った女性なのであれば、意識すること自体はとても大切なことなので、「付き合う以前にとても大切な、大前提のもの」として、覚えておいてください。

パパ活としてパパの役目を全うする

パパ活 付き合う

とにもかくにも、まずは好きな女性に対してパパの役目を全うしましょう。

パパ活におけるパパの役目とは、ずばり「経済的なサポート」ですよね。

相手女性は、パパと恋愛がしたくで出会ったわけではありません。

あくまで、自分のことを『経済的にサポートしてほしい』から出会ってくれたんです。

そこを、まずしっかりと頭に入れておきましょう。

そして、しばらくの間はこの「パパとしての役目(経済的なサポート)」を全うしてください。

そして、女性の中で、あなたの「パパとしての立ち位置」をしっかりと確立するよう努力しましょう。

女性にとっては、どれくらいの金額で、どれくらいの期間サポートをしてくれたら喜んでくれるのか、安心できるのかは人それぞれです。

そのため、女性一人一人にフォーカスして、自分が好きなパパ活女性が「どれくらいを希望しているのか」「どれくらいの頻度で会いたがっているのか」を理解して、それに応えましょう。

僕個人としては、ここで具体的な条件を言う女性よりは、「お任せします」と言ってくれる女性の方が、心のこもったお付き合いがしやすい傾向があると考えています。

あくまで傾向なので、もしあなたの好きなパパ活女性が「私は5万円くらいは、都度サポートしてほしい」と言えば、それに極力応えましょう。

無理難題を聞く必要はありませんが、相場に見合った金額なのであれば、極力応えてあげて、とにかく女性に満足・安心をさせてあげてください。

ちなみに、パパ活のお手当・お小遣いの相場については、こちらのページで詳しくお話ししていますので、相場がよく分からない方は一度見てみてください。
⇒ パパ活の相場は?都度払いのお手当の金額について【体の関係有無別】

とにかく時間をかける

パパ活 付き合う

あとは、とにかく、できるだけ長い間その満足・安心を続けることです。

もし、この期間にあなたの熱が冷めてしまったら、その女性は自分にとってその程度の温度感だった…というだけの話です。

その後は割り切りの関係にしてもいいですし、切ってしまっても、フェードアウトしてしまってもいいでしょう。

大事なのは、「好きで、恋愛の関係として付き合いたいと思っている女性」は、どれだけ長く交際(パパ活として)しても飽きることはない、ということです。

好きになってほしいから長期交際する、という一面もありますが、「好きだからこそ、パパ活としてでも長期交際できるし、恋愛の関係じゃなくても耐えられる」ということですね。

これを続けていけば、女性はパパに対して信頼感を感じるようになります。

また、長期交際しているため、「情」も芽生えるでしょう。

こうなると、単なるパパ活相手の一男性ではなくなります。

もちろん、それはパパ活における「太パパ」や「定期パパ」という立ち位置かもしれませんが、とにかくこのステップでは、女性の信頼感を得ることに集中しましょう。

間違っても、事を急いて、我慢できずに告白してはいけません。

好意「だけ」を伝える

パパ活 付き合う

あとは、長期交際をしている間に、できるだけたくさんの「好意」を伝えましょう。

大切なのは、「好意だけ」を伝えることです。

間違っても、「好き『だから僕と付き合って!』」「好き「だから僕の彼女になって!」」と欲求を伝えてはいけません。

「〇〇さんの、そういうところが好きだよ!」

ふつうに好意を伝えるだけです。

見た目が好き、人柄が好き、内面が好き、ファッションや髪型が好き、〇〇なところが好き、

好きな相手なら、好きなところがたくさん思いつくはずです。

それを、相手に伝えていきましょう。

好きなことを伝えたら、「だから付き合って…!」と、見返りは求めず、「好きなことを伝えることだけの終始」してください。

基本的に、人は、人からの好意に対して悪い気はしません。

承認欲求という言葉があるように、誰しも、誰かから必要とされたい、好かれたいと思う気持ちが大なり小なりあるんです。

「好きになってくれた相手を好きになる」

という言葉があるように、『自分のことを好きな相手を好きになる』ことはいたって自然なことなんですね。

それは、たとえパパ活でも一緒です。

パパ活相手のパパ(男性)を、異性として好きなわけではない。

でも、相手から好意を伝えられることは、自分が認められていることと同じですから、女性は少なからず嬉しいんですね。

だから、とにかく「好き」と言い続ける。 呪文のように、デートのたびに好きと伝えましょう。

でも、「恋人として付き合って!」と要求してはいけません。

要求された途端、「面倒くさいな…」「困ったな…」と思われてしまい、せっかくのプランが台無しですからね。

このステップは、女性の自分への気持ちを温める期間として徹底してください。

あくまで伝えるのは、好意のみです。

ずっと「好き」と言われるだけ、でも「付き合って」のような告白はされない…

こういう状況が続くと、はじめは単に承認欲求が満たされて嬉しいだけですが、だんだんと相手のことが気になってきます。

「この人、ずーーっと私のこと好き好き言ってるけど、告白とかは一切してこないな…」

このように、感情が変化してくるわけですね。

こうなってからが、本当の勝負です。

なお、どのタイミングでこうなるかは、女性によって人それぞれです。

2~3ヶ月でそうなる女性もいれば、半年、一年と時間をかけないと、なかなか心から信頼してくれて、気持ちを揺さぶることはできない女性もいます。

好きになった相手が、どういうタイプか?は、交際の中できちんと見極めるようにしましょう。

それは、ふだんの何気ない会話の中で見つけられるものです。

例えば、「私、異性のことを好きになるの、時間が掛かる方なんです。だって、そんなにすぐ相手のことなんて分からないし、しばらく付き合ってみないと(友達として)分からないですからね。」

このように言う女性だったら、2~3ヶ月ではなく、半年~一年と時間をかける必要がある、ということですね。

旅行や非日常なデートで距離を縮める

パパ活 付き合う

日ごろ、お茶や食事だけのデートだと、どうしてもマンネリ化してしまいます。

そのため、「旅行」や遠方へのお出かけで、非日常なデートもすることでグッと距離を縮めることを考えてみましょう。

必ずしも、旅行で遠出をしなければならないわけではありません。

旅行をして、数日の間一緒に過ごすことが、距離を縮める効果的な方法であることは間違いありませんが、他にも効果的な方法はたくさんあります。

例えば、夏はホラーイベントや花火大会に行く、冬はイルミネーションイベントを見に行く、他にもテーマパークに行く、などなど、お互いにドキドキ、楽しい、嬉しい、ときには怖いなど、日常生活では感じにくいような感情の起伏を一緒に共有することで、一気に距離を縮めることができるんですね。

どうしても、毎回のようにお茶やお食事でトークだけのデートだと、大きな進展は望めません。

パパ活の関係でいいなら、特に問題ではありませんが、「恋人としてお付き合いがしたい!」なら、これだけじゃなく、非日常なデートもするように意識してください。

こういった非日常なデートを、たまにでもいいので行うことで、相手との心の距離をグッと近づけられますよ。

あと、ただ非日常なデートを一緒に過ごして、感情を共有するだけでも効果的ですが、こういったデートのときに、自分の素敵な面を見せられるようにすると、よりポイントは高いです。

例えば、マイカーを持っている男性なら、「ドアを開けてあげる紳士なところ、眠くなるほどの運転の丁寧さ、トイレやドリンク、休憩などの気遣い」

旅行先、移動時などの、「荷物を持ってあげる、道路側を歩いてあげる、疲れてないか聞いてあげる」などなど、多少わざとらしくても、紳士的な部分、普段見られないような素敵な一面を見せられると、より心の距離を近づけられます。

なお、注意点としては、「やってあげている感」は出さないようにしましょう。

「俺、レディーファーストなイケメンだろ!?」みたいな雰囲気が透けて見えないようにしましょう。

ここを女性に感じ取られてしまうと、一気にイメージが悪くなりますので。

ぎこちなくてもいいので、「相手のことを、本気で考えて、思いやり・心遣いの気持ちで接する」ことが大切です。

そういう部分は相手に伝わりますよ。

お金だけじゃなく、気持ちも大事にしてくれる女性なら、パパ活がスタートの出会いでも、この方法は大変効果的です。

僕自身も、パパ活を通じて100名以上と出会ってきましたが、お金やモノじゃなく、こういう『思い出系』の体験を重要視する女性なら、かなり有効なことが分かりました。

こういう経験を共にするためには、少なからず、女性が自分(男性)のことを「フィーリングが合うし、一緒にいて楽しい人」と思われる必要があります。

好きでもない男性と遠出なんてしたくありませんからね。

それこそ、「お金くれるから、イヤでも付き合おうか…」のように思われてしまいます。

お手当とかサポートは度外視して、「この人となら、単純に遠出デートも楽しめそう♪」と思われるよう、まずはお茶やお食事、近場デートで印象を良くしておいてから、遠出デートの提案をするのがいいですよ。

僕の場合、この作戦で2名の方とパパ活を通じて正式に恋人としてお付き合いをしましたが、付き合う前から、お手当・サポートなしで旅行に行ってもらっていました。

今感じるのは、「それくらいの関係性になれるよう、普段から印象を良く出来るよう頑張ること」と「そういう関係になれそうな女性にアプローチをすること」この2つが、何よりも大事だな、と思っています。

「完全割り切りで、食事すら面倒なので、エッチだけしてお金をもらって、さっさと帰りたい…」こう思っている女性に対して、心を開かせるのはかなり大変ですからね。。

少なくとも、「仲良くなったら、一緒に旅行とか行ってもいいかな」と思っている女性を選んでアプローチするようにすると、効果は非常に高いですよ。

彼氏の存在について

パパ活 付き合う

なお、付き合いたいパパ活女性に彼氏がいるかどうかについてですが、僕は正直、大きな問題ではないと思っています。

彼氏がいても、OKをしてくれる子はいますし、彼氏がいなくてもNGの子はいます。

もちろん、彼氏がいないに越したことはないのですが、いたとしても「付き合ったばかりのラブラブ状態」でなければ可能性は十分にあります。

大事なのは、自分(男性)がどれだけ女性に気に入ってもらえるかどうか、です。

そこが出来ていれば、言い方は悪いですが、彼氏と自分を天秤にかけて自分を選んでくれます。

「彼氏がいるから、ラブラブではないけれど、彼氏を気遣って、告白には応じられない」という気の優しい女性なら、なおさらゲットしたい気持ちはありますが、仮に告白が失敗しても、切ったりはせず、長い目で見て再チャレンジをするといいでしょう。

彼氏がいるかどうかは、あまり気にせず、とにかく自分と相手の気持ちを近づけることを意識して、常日頃から行動するようにしてください。

ちなみに、僕も、彼氏がいる状態の女性に告白して成功したことがあります。

僕が、その女性と出会ったころは、まだ彼氏との関係は悪くなかったのですが、ずっとパパ活として付き合う中で、お互いにいい関係を築いていき、その中で彼氏との仲も熱が冷めていき、僕の告白が成功した、というものでした。


  • 彼氏にはない、経済力
  • 彼氏にはない、大人の紳士的な魅力
  • 彼氏にはない、知識、優しさ

このあたりが評価されていたようですね。

そして、評価されたタイミングで、ちょうど彼氏との仲もイマイチな状態になっていて、そのとき僕の告白があったので、受け入れられたと言っていました。

告白する

パパ活 付き合う

これまでのステップをクリアできていれば、あとはもう告白するだけです!

女性に、「フィーリングが合う」と思ってもらうために努力すること、

まずは、「パパ活として、お手当やサポート、接し方」で『信頼を得る』こと、

重くなり過ぎないよう、見返りを求めないよう「好き」であることを伝え続けること、

適度に、旅行などの遠出をして、「非日常デートで距離を縮める」こと、

そのとき、できるだけ自分の紳士的な部分を見せ、「思いやり、気遣い、心遣いを感じてもらう」こと、

ここまでできたら、あとは、いよいよ告白です。

正直、一緒に旅行に行けている時点で付き合っていると言えなくもないですが、それはあくまで「パパ活の関係」である可能性があります。

きちんと、恋人同士になることをお互いに認識するために、告白は必ずするようにしましょう。

曖昧な関係でい続けるなら必要ありませんが、「付き合うことを優先」するなら、告白のイベントは重要です。

告白のタイミングは人それぞれです。

先ほどもお話ししたように、2~3ヶ月で付き合える女性がいれば、慎重派な女性だと、半年や一年以上かかる場合もあります。

人によって、告白できるタイミングはバラバラなので、付き合いたいと思っている女性の性格や恋愛の価値観をしっかりとヒアリングしておいて、自分が思うベストなタイミングで告白をしましょう。

焦っていいことはあまりないので、焦るくらいなら、デートを重ねて少しでも信頼関係を築いてからにしましょう。

告白をする場所は、特に決まりはありませんが、少なくとも静かで落ち着いて話ができる場所にしましょう。

自分たち2人以外の人は、極力いない場所であることが最低限の条件です。

あと、真昼間よりかは、夜の方がいいですね。雰囲気づくりが大切です。

僕が、今までにパパ活を通じて出会った女性に告白をして、OKをもらえた場所は次のとおりです。


  • 海外旅行で宿泊したホテルのラウンジで、
  • ディズニーシーのホテルの部屋でショーを見終わった後に、
  • 自宅マンションの屋上テラスで

共通しているのは、どれも、静かで周りに人がほとんど(全然)いないことです。

僕が、声があまり大きくないのと、緊張するタイプなので、静かで落ち着いた場所で告白したい、という僕自身のためでもあり、女性のためでもある、というわけですね。

間違っても、サプライズ告白イベントと称してフラッシュモブを呼び寄せるようなことはしてはいけません(笑)

あと、お酒はあまり入っていないときがいいでしょう。酔っぱらっていると自分も相手も、正常な思考でない可能性が高まりますので。

女性も、お酒を飲んだ状態で告白されても、「酔っていたのかな?」と思われてしまう可能性があります。

お酒の力で勢いをつけたい気持ちは分かりますが、できるだけシラフの状態で、飲むにしても一杯くらいのほろ酔いの状態にしましょう。

告白のやり方ですが、「サラッと」「結論を先に」がおすすめです。

緊張し過ぎて、口ごもったり、ただならぬ気配のままなかなか言えないまま無言の状態が続くと女性も緊張するし、不安になってしまいますので。

「この時間、この場所で絶対に告白するぞ!!」と、並々ならぬ決意でいるよりは、「ここで雰囲気が良かったら告白するかな~」くらいの軽い気持ちでいた方が成功率は高いです。

楽しい雰囲気のままで、お互いにリラックスしていた方が、サラッと言えますからね。

手順としては、まずは結論から先に、サラッと告白しましょう。

「僕と、恋人として正式にお付き合いしてもらえませんか?」

こんな感じでいいでしょう。

とにかく、「パパ活として」じゃなく、『恋人としてあなたと付き合いたい』ということが伝わればOKです。

もし、その部分が曖昧だと、「もう、私たち付き合ってる(パパ活として)じゃないですか?(笑)」と言われてしまうので。

そして、まず告白をしたら、そのあとに、「なぜ、あなたに告白をしたのか、の説明をしていきましょう」

説明の内容は、相手によって変わりますが、とにかく『自分(男性)が相手(女性)のどこに惹かれたから?どこが素敵だと思ったか?なんでパパ活としてじゃなく、恋愛として付き合いたいと思ったのか?』という点を伝えましょう。

間違っても、「見た目がタイプで、恋人同士になったら、タダでエッチできるから」などと言わない事です。

思っていても言ってはダメだし、それが理由の一番上にあるなら、その女性には告白なんてしないことです。

あくまで、「本気で一緒になりたい」と思うレベルの女性じゃないとしない方がいいですね。パパ活関係のままの方がいいでしょう。

僕の場合は、その女性の、「見た目がタイプ」ということはサラッと伝える程度にして、


  • 人柄、内面
  • フィーリングが合う
  • 価値観が合う
  • ずっと応援したいと思うから(なぜ?応援したい理由)

のようなことを、相手に合わせて言っていました。

大事なことは、自分の気持ちを正直に伝えることですね。

そうすれば、上手に言えなくても、口下手でも、想いは伝わりますので。(実体験談)

例えば、「何か、将来なりたい夢があってパパ活をしていた女性」だとしたら、人柄や価値観などを理由として説明したあとで最後のひと押しとして、

「〇〇さんが夢をかなえるために、僕には少なからず資産があるのでのお力になれます。」
「もし、ご縁があれば今まで以上に〇〇さんの夢を応援(サポート)したいと思っています。」

こんな感じで、自分の経済力のアピールもしておくと効果的です。

もし、女性との関係性がしっかりとできていれば、高い確率でOKをもらえると思います。

ちなみに、大前提として、「告白する時点で、お互いの良い関係性ができている」ことが大切です。

告白とは、「お互いの良い関係性ができている前提で、最終確認(最後のひと押し)としてするもの」であって、告白で一気に何段階もステップアップするわけではありません。

「好き」と伝えるのは告白ではなく、告白へのアプローチに過ぎない

告白するときには、「相手にも自分のことを好きになってもらっている状態」で、最後のシメとして行うもの、ということですね。

その点を勘違いして、大してコミュニケーションも取っていないのに、いきなり良いムードで告白しても、OKはもらえないので頭に入れておきましょう。

女性が男性(パパ)と付き合う場合は?

パパ活 付き合う

パパ活で付き合う、付き合いたい、という願いを持つのは、基本的に男性ばかりです。

そのため、ここまでは、「男性⇒女性」の内容でずっとお話しをしてきました。

ですが、男女交際である以上、女性が男性、つまりパパのことを好きになってしまうことも十分にあり得ます。

そんなときは、どうやって男性に想いを伝えるのがいいのでしょうか?

上手に、男性と付き合う方法、パパと恋人になる方法について、簡単にご紹介したいと思います。

相手の状況が重要

パパ活 付き合う

パパと恋愛でお付き合いするには、相手男性の状況がかなり重要になってきます。

簡単に言うと、「結婚しているかどうか?」ですね。

パパが未婚の男性なら、比較的難易度は低くなりますが、既婚者となるとグッと難易度は上がります。

不倫でいいならまだしも、それ以上の関係を望むなら、パパと奥さんを別れさせる必要がありますからね。

好きになってしまったら、未婚だろうと既婚だろうと関係無くなる…とは言いますが、現実問題として「既婚者パパを口説くのは大変…」と頭に入れておきましょう。

独身パパと付き合う方法

パパ活 付き合う

パパが未婚、独身の場合は、付き合うのは比較的簡単と言えます。

もし、パパが女性のことを、体だけが目当てじゃなく、「一緒にいて心地いい、楽しい」など、心の部分が少しでも好きなのであればより一層簡単です。

その場合は、男性に対して「私も〇〇さんのことが好き。パパとしてじゃなく男性として好き。」「恋人としてお付き合いしたいな~」のようなことを投げかければ、男性はほぼノックアウトされます。

その後、高い確率で告白をしてくるでしょう。

女性側がグイグイいける性格なら、自分から「付き合ってください」と告白しても構いませんが、このように『好き』だと匂わすだけでも十分に効果的です。

男性からしたら、パパ活で出会った素敵な女性から、まさか告白されるとは思いませんから、好きと言われるだけでも有頂天になるでしょう。(僕はなりました笑)

もう少し、具体的な方法を言うと、例えば、パパ活で大人交際をしているときに「〇〇さんのことは本気で好きだから、お手当とかはいらないよ。」と言ってあげるといいです。

その一言で、男性をだいぶ惹きつけることが可能です。

ただ、注意しないといけないのが、「少なからず、自分に対して好意を持っている男性」にのみ、このアクションを起こすようにしてください。

好意を持っておらず、単なる割り切りと思っているような男性にこのアクションをしてしまうと、「金をかけずにセックスできるセフレ」というランクにされてしまう恐れがありますからね。

そのため、何度かデートを繰り返して、パパの自分に対しての温度感がどれくらいか?というのは、きちんと見極めるようにしましょう。

簡単な見極め方として、「ホテルで会って、エッチして解散」のような、割り切りのみの場合は、脈はほとんどないでしょう。

男性側も、女性のことを「割り切りのパパ活相手」としか見ていない可能性が高いです。

脈ありなのは、「大人交際以外にも、デートでお出かけをしたりする相手」で、できれば「大人交際なしでも会ってくれる」相手だとベストです。

大人交際が最終目的ではありつつも、それ以外にデート(お茶やお食事だけじゃなく、水族館や映画などのお出かけが必要なデート)をするということは、少なからず、女性の体以外の【気持ち、心】の部分が好きということですからね。

それに加えて、さらに「エッチしなくても、デートだけでも会おうとしてくれる男性」なら、より一層脈ありとなります。

もっと言うなら、日帰りのお出かけだけじゃなく、泊まりの旅行など、少しでも長い時間一緒にいたいと思ってくれる男性なら、完ぺきでしょう。

そんな男性なら、こちらから何か言わなくても、向こうから告白してくる可能性が高いですが、もしこちらからアクションを起こせば、ほぼ100%に近い確率で付き合うことができるはずです。

既婚者パパと付き合う方法

パパ活

既婚者パパと付き合うのはかなり大変です。

付き合うために、パパとの仲を深める方法については、上でお話しした未婚パパの手順と同じで構いません。

ただ、既婚者パパの場合は、「奥さんにバレないよう気を付ける」「奥さんと別れさせる」必要が出てきます。

不倫や二番手の関係で満足なら、奥さんにバレさえしなければ問題ありませんが、将来的に結婚までしたいと考える相手なら、奥さんはどうにかする必要があります。

そこは男性次第になってくるので、自分の力だけではどうしようもない部分も出てきます。

特に、その男性に子供でもいたら、なおさら難易度は跳ね上がってしまいますからね。

できることなら、上でお伝えした「パパの気持ちを自分に仕向ける方法」を実践して、パパにも自分のことを好きになってもらいつつ、その気持ちを高めていき、最終的に、パパのほうから「君と一緒になりたいから、妻とは離婚する」と言わせることです。

女性側から、「私のために奥さんと別れて!」「私と奥さん、どっちが大事なの?」のようなことは言わない事です。

それを言われた途端、パパに冷められる危険もありますからね。

「面倒な女だな…」と思われるような言動は避けて、それ以外の方法・言動でパパの気持ちを自分に向けさせましょう。

そうすれば、時間は掛かるかもしれませんが、既婚者パパでも、将来的に付き合うことができる可能性は十分にありますよ。

ちなみに、僕の周りのパパ活女性の中にも、「君と付き合いたいから、妻とは離婚する」と言われた女性は何人かいました。

このケースだと、女性側は男性に対して恋愛感情はなかったので、「重いガチ恋パパ」としてフェードアウトしただけだったのですが、『既婚者パパでも、ふつうに恋愛として告白してくる男性はいる』ということの実体験ではあるので、既婚者パパと付き合いたいと思っている女性には勇気を与えられる情報かと思います。

険しい道のりですし、正しいことではないかもしれませんが、好きになってしまったらどうしようもないので、自分の片思いが成就するよう、頑張ってくださいね。

リョウの口コミ体験レポート

パパ活 付き合う

続いて、僕がパパ活を通じて出会った女性で「実際に恋愛として付き合うことになったケース」の口コミ体験談をご紹介したいと思います。

役に立つ部分が少しはあると思うので、もし恋人として付き合いたい女性とパパ活で出会った男性は参考にしてくださいね。

タレントのフウカさん

パパ活 付き合う
名前:フウカ
年齢:22歳
仕事:タレント
出会った場所:交際クラブ
交際期間(パパ活として):3ヶ月
交際期間(恋人として):半月

フウカさんは、僕がパパ活を始めてから、一番最初に恋人として付き合うことになった女性です。

年齢は22歳と若く、タレントとして仕事をしつつも、タレントだけだと収入が心もとないので、バイトもしている子でした。

出会ったのは交際クラブだったのですが、大人交際(体の関係)に対しては、あまり積極的ではないタイプだったので(交際クラブだと会員ページで、そういった情報が分かります)、出会ってからしばらくはお食事デートが中心になりました。

交際クラブについてはこちらの記事で詳しく説明していますので、よかったら見てくださいね。
⇒ パパ活は交際クラブがおすすめ?交際クラブのパパ活事情を徹底解説

初回の顔合わせ時には、パパ活らしく、交通費1万円を手渡します。

初回デートでフィーリングが合うと思ってくれたのか、ボディタッチもしてくれたり、感触は悪くありませんでした。

この時点で、性格が合うかどうかはまだよく分かりませんでしたが、顔は文句なしに可愛かったので、パパ活相手として候補にはしつつも「彼女にしたいな~」とも思っていました。

2回目のデートも、初回と同様、お食事(ディナー)を一緒に過ごします。

2回目のデート終了時、初回と同様に交通費として1万円を渡そうとしたところ、フウカさんから思いもかけない一言が、、

フウカ「あっ、交通費はいらないですよ~」

リョウ「えっ…?」

どうやら、僕とは本気で仲良くなりたいと思ったらしく、こういう交通費とか、お小遣い稼ぎみたいな関係になるのがイヤだったそうです。

交際クラブに入ってから、フウカと出会うまでに、色々な女性と出会ってきましたが、2回目のデートでこういう提案をしてくれた子は初めてだったので、戸惑いつつも、かなり嬉しかったです。

リョウ「ほんと、すごく嬉しいよ…!」

「1万円もうけた!ラッキー♪♪」という気持ちもゼロではなかったですが、それ以上に、フウカの一言が単純に嬉しかったです。

そんな感じで、フウカとの関係は良い感じで進んでいき、短いスパンでデートの約束もするようになります。

そして、3回目のデートでは、銀座でランチをしました。

ランチのあとは、銀座の街をぷらぷらとお散歩します。

フウカは、どうやらブランド物(特にカバン系)が好きなようで、ぷらぷら散歩しながら「これ可愛い!」「これほしい~」などと言っていました。

「一体、何を買わされるんだ…」と気が気じゃなかったですが、この日はおねだりはなく、高額な買い物をさせられることはありませんでした。

3回目のデートも無事に終了し、交通費を渡すこともなく、今のところ、パパ活とも言えない、友達とも恋人とも言えない、不思議な関係のまま、デートを過ごしています。

そして、運命の4回目のデート…

4回目のデートは、「僕が車を買いたいから、ディーラーに車を見に行きたいんだよね」と言ったところ、フウカも「私も行く!!」と付いてくる形で実現しました。

フウカは、車にはあまり興味がないようでしたが、ドライブは好きなようで、興味を示したようです。

そして、ディーラーに行き、車を見せてもらい、試乗もさせてもらい、ディーラーの営業マンに「奥様ですか?」などと、空気の読めない言葉をかけられ、ディーラーデートは終了しました。

そして、その帰り道、僕からフウカに問いかけます。

リョウ「うち、この近くなんだけど、ちょっと寄っていかない?」

フウカ「うん、いいよ~」

想像以上に、すんなりとOKをもらいます。

そして、自宅に到着。

フウカを家の中にあがってもらいます。

二人でお茶を飲みながら、まったり過ごしています。

ソファで二人きり。。。

おもむろに、フウカを抱き寄せてキスをします。

フウカは少し嫌がったものの、やや強引にキスをしたら、そのまま受け入れました。

そして、そのままソファの上に優しく押し倒して、脚や胸を触ったところ、やはり少し嫌がったものの、すんなりと受け入れました。

はい、フウカとそのまま体の関係になりました(笑)

フウカは、エッチの最中に「首絞めて!!」と言ってくるなど、『前の彼氏に、どんなプレイをさせられてたんだ…』と思うような一面もありましたが、顔も体もかなりの一級品の女性とエッチができたのは格別でした。

そんな感じで、フウカとのエッチも無事に終わり、そのあと近所のイタリアンで晩御飯を一緒に食べて、「エッチしたよね→じゃあ、私たち付き合うよね?→これからよろしくね!」という形で、晴れてフウカと恋人として付き合うことになりました!

これが、僕が初めてパパ活を通じて出会った女性が恋人になった瞬間です。

その後、フウカから「これが、パパ活の関係だったら、私が50万円とか要求したらどうするの~」とか、「芸能人でパパ活やってる子(元A〇Bの△△とか)だったら、もっともらってる子もいるよ!」などと、いろいろな話を聞かされました。

その後、フウカを自宅近くまで車で送り届けて、次のデート日の約束をし、車内でお別れのキスをして、そのままサヨナラをします。

フウカからは、5回目のデートを待たずして、「会いたいよ~(TT)」「今から会えない…?」「今から会いに行くっ!!」などとラインをしてくるなど、向こうは完全に彼女になった気分の様子です。

「体を許した相手を好きになる」という、よく言われている女性の特徴が当てはまったケースでした。

僕も、エッチをしてしまって結果的に彼女になったフウカとはいえ、顔も可愛いし、まんざらでもない感じで、付き合いを受け入れます。(告白をせず、先にエッチをしてしまったから、結果的に付き合うことになったパターンです)

後日談としては、その後、フウカと5回目のデートで「銀座デート」をまたもや指定され、そのときに「初回の銀座デートではなかった、ブランド物のおねだり」が堂々とされたため、そこでドン引きしてしまい、結果的にはその後短い間で別れることになりました(笑)

まあ、僕に経済力がかなりある、もしくはフウカにメロメロレベルに惚れている、のどちらかなら、フウカのブランド物おねだりにも付いて行けたのでしょうが、そのときの僕には無理でしたね。。

銀座で堂々とブランド物をおねだりされた瞬間、「あー、やっぱ金かかる女だな、、、無理っス!!」と判断してしまい、急激に冷めてしまいました。。

こんな感じで、月に1回でも、ブランド物を買い与えるくらいなら、ふつうにパパ活として都度払いで大人交際した方が安上がりかも、、などとゲスなことも思ってしまったくらいです。

フウカからは、「こんなことになるなら、交通費もエッチしたときのお手当ももらっておくんだった!!(怒)」とラインで言われましたが、そっと既読スルーをして関係は終了です。

ごめんよフウカ、、俺にもっと経済力があれば…(TT)

「パパ活で付き合った子とラブラブに♪」とはいきませんでしたが、「パパ活の出会いでも恋人はできる」ことは分かったので、大変勉強にはなった一件でしたね。

デザイナーのアオイさん

パパ活 付き合う
名前:アオイ
年齢:24歳
仕事:デザイナー
出会った場所:交際クラブ
交際期間(パパ活として):一年半
交際期間(恋人として):約一年

アオイさんは、僕が、パパ活で一番最後に付き合うことになった女性です。

出会いはフウカと同様、交際クラブでした。

フリーランスでデザイナーの仕事をしているアオイは、デザイナー学校にも通っているらしく、かなりお金に困っていてパパ活を始めたそうです。

フリーランスの収入だけだと、生活費だけでもいっぱいっぱいで、学費はとてもじゃないが払えない…ということで、キャバクラのバイトをしたりしていたけれど、パパ活の方が向いているかな?と思って、交際クラブに登録したそうですね。

アオイの見た目は、清純派で、誰が見てもパパ活をしてそうな女性には見えません。

純朴で、ブランド物にはまったく興味なし、大人びていて真面目そうで、パパ活とは一番縁遠いところにいそうな女性でした。

ただ、この「パパ活をしていなさそうな雰囲気」が、パパ受けしそうだな…と思いました。

そして、かなりの美人でしたし。。

というわけで、前言のとおり、僕もアオイのことが初見から、かなり気になってしまいました。

見た目がタイプということ以外に、会話のテンポ、フィーリング、趣味・趣向、価値観などなど、アオイとは面白いように合うので、初回の顔合わせから一気に仲良くなったんです。

アオイも、フウカと同様、大人交際には消極的な交際タイプの女性でしたが、僕の中では1回会っただけでも「エッチしたい!<純粋に仲良くなりたい」と思えるような女性になりました。(誠実ぶっているのではなく、本気でこう思う女性と、パパ活でもたまに出会うことがあるんです…!)

というわけで、2回目のデート、3回目のデートのどちらも、お食事だけじゃなく、お出かけデートでたっぷりと一緒の時間を過ごし、二人の関係をはぐくんでいきます。

僕自身も、「このまま、パパ活じゃなく、恋人としてアオイと付き合いたいな~」と思うようになりました。

ただ、それと同時に、アオイがお金に困っていることも知っていたので、「お金のやり取り無しの恋人の関係よりも、パパ活としてしっかりとサポートしてあげた方が、アオイのためになるんじゃ…」とも思いました。

「他のパパに取られないうちに、俺が囲ってしまった方がいいんじゃ…!」とも思ったんです。

そういう気持ちもあり、4回目のデート終わりで、アオイと大人交際をすることになり、その後、パパ活としてお手当を渡しました。

そういったパパ活の関係がしばらく続いた後、アオイが体調不良(生理)で大人交際ができなくて、お食事デートだけをしていたとき、あることが起こりました。

デート後に交通費を渡そうとしたタイミングで、アオイから「リョウさんにはお世話になっていますし、これからも仲良くしてほしいから、交通費とかはいりませんよ」と提案があったんです。

僕は、少し驚きながらも、アオイの気持ちを汲んで、「分かった、ありがとう、次からはそうさせてもらうね(^^)」と言い、その場では一旦出した1万円を引っ込めることはできず、アオイに手渡しました。

その後、何度か大人交際をしたものの、どんどんと僕の中でアオイのことが好きになってしまい、「大人交際をしなくてもいいから、ただただ会いたい」くらいの温度感になってしまったんです。

ただ、アオイはパパ活で僕と会ってくれていることも分かっていたので、あまり気持ちをアピールすることはなく、「好き」「一緒にいて落ち着く」のようなことは伝えつつも、付かず離れずの関係を続けていました。

でも、アオイのことは大好きだったので、今までの誰よりもデートに積極的に誘い、大人交際をしなくても会い、恋人のように付き合う期間を過ごしていました。

そして、一年ほどが経ったある日、アオイについに告白をします。

リョウ「アオイさんのことが好きです。」

リョウ「一年前に出会ったときから、一年間ずっと好きでした。そして、一年経った今でもその気持ちは変わらないどころか、どんどん好きになっていきました。」

リョウ「これからは、恋人としてお付き合いをしてもらえませんか?」

リョウ「アオイさんのことは、これからもしっかりとサポートしていきたいと思っています。」

細かい内容は忘れましたが、このようなことを言ったと思います。

正直、この一年間、アオイといろいろな場所へ行き、デートを重ねていき、お互いに恋人のような関係を続けていたので、自信はありました。

アオイからも「リョウさんのこと、好き♪」という言葉も何度かもらっていたし、自分の中では「イケる!」という自信は結構あったんです。

そして、アオイからの告白は、、

アオイ「ありがとうございます。私でよければ、ぜひお願いします(^^)」

みごと、OKをもらいました…!!

というわけで、晴れてアオイと付き合うことになりました。

その後は、恋人になったのに大人交際をしたときにお金を渡すのはおかしいね、という話になり、アオイは「別にそんなのいいよ」とは言ったものの、僕が強引にアオイの家賃と生活費、学費のサポートという形で定期払いをすることになりました。

以上が、美人デザイナーアオイと、パパ活を通じて付き合うことになった口コミレポートです。

アオイは、僕が本気で好きになって、本気で告白をして、本気で付き合うことになった、唯一無二の女性です。

そのおかげで、他の女性と比べても、かなりの長期間、恋人としてお付き合いを続けられました。

「パパ活でも、こんな素敵な女性と、ガチで恋愛として付き合うことができるんだなぁ…」

と、まじまじと感じましたね。

キャリアウーマンのサクラさん

パパ活 付き合う
名前:サクラ
年齢:30歳
仕事:会社員
出会った場所:交際クラブ
交際期間(パパ活として):半月
交際期間(恋人として):3ヶ月

サクラさんは、他のパパ活女子と付き合うケースとは、ちょっと変わったケースになります。

結論を先に言ってしまうと、「不倫」です…

実は、サクラは結婚をしていて、子供はいないものの旦那さんはいる奥様でした。

でも、サクラ自身も働いていて、しかもエリアマネージャーを任されるほどのキャリアウーマンだったんです。

その情報を先に聞かされていたので、いい年齢ではあったものの、結婚しているとは露ほども疑いませんでしたね。。

サクラとは、交際クラブを通じて出会いました。

クラブに登録した理由は、多趣味でしかもお金が掛かる趣味(ダイビングや乗馬、ゴルフなど)が多かったので、パパ活をしたかったからだそうです。

エリアマネージャーということで、かなりお給料は良さそうですし、旦那も働いているのでお金には困らなさそうでしたが、趣味だけでもお金が掛かっているようでした。

見た目は、誰が見ても美人で、30歳とのことでしたがもっと若く見えました。

30歳という若さで、エリアマネージャーを任されるくらい仕事ができる女性なので、性格もややサッパリ系の強気、Sっ気のあるタイプです。

僕からしたら、年下なのに、今まで出会った女性が若い20代女性が多かったからか、勝手にお姉さま感覚で見てしまっていました(笑)

ちなみに、サクラは、僕と出会う以前に、別のパパがいたそうですが、相手のパパにガチ恋されて、ストーカーのようになってしまったため、お別れしたそうです。

そして、僕と出会い、パパ活をすることに。

サクラは、交際クラブの中では、大人交際に積極的なタイプだったので、初回の顔合わせ後にすぐに体の関係になりました。

そして、その後、サクラから驚きの一言が…!

サクラ「リョウさん、優しいし、前のパパよりずっと若いし、お手当もらうの悪いからいらないよ。」

サクラ「私、仕事しててお金に困ってるわけじゃないから、これからもたくさん会ってくれたらいいよ~」

と、何とも男気溢れるセリフを言われます。

何度か「いや、さすがにそれは悪いよ…」と食い下がりましたが、サクラもキャリアウーマンらしく、なかなか気が強く、一旦吐いた唾は飲めないのか、まったく折れませんでした。

リョウ「じゃあ、せめてタクシー代だけは出させて…!」

と言い、なんとか1万円だけを渡して、無事に初回デートは終了となります。

その後、何度か会い、大人交際をしたり、しなかったりしましたが、いつもサクラはお手当を受け取らず、

サクラ「私が、リョウさんと会ってて楽しいからいいの♪」

と言い、ふつうに恋人同士のようにデートを重ねていきました。

そして、あるとき、サクラがふと僕にカミングアウトをしてきます。

サクラ「ねぇリョウさん、私ね、リョウさんに言ってなかったことがあるんだ…」

リョウ「なになに?怖いんだけど…(笑)」

サクラ「実はね、私ね…」

サクラ「…、、、何だと思う?当ててみて!(笑)」

リョウ「えーーー、なになに??実は、彼氏がいるとか…?」

サクラ「うーーん、彼氏…はいないかな?」

リョウ「えっ、じゃあ、まさか、結婚してる…?とか…??」

サクラ「……うん…」

リョウ「(; ゚Д゚)」

という感じで、サクラが結婚していることが発覚しました。

その後も、何度かはデートをしたり、大人交際をしたものの、僕自身が「人妻と、お手当なしに体の関係を続けている…」という状況に罪悪感を感じるようになり、会いづらくなり、だんだんと連絡もしない日が続きました

その後、しばらく会うことも、連絡を取り合うこともなくなったある日、たまたまサクラにラインをしてみると、、、ブロックされていました…泣

まあ、サクラからしたら、結婚している以上、こういうリスクの種は切っておくに越したことはないでしょうから、「もう会う気がないならブロックしようかな」という感覚だったのでしょう。

男からしたら、「美人人妻のセフレ(不倫相手)を手放すなんて勿体ない!!」と思うかもしれませんが、僕からしたら、そのメリットよりも、罪悪感とか、「もし旦那にバレたら…」というデメリットの方が勝ってしまったので、お別れすることになった次第です。

「パパ活で付き合う(恋人として)」というテーマからは外れますが、「こういうケースもあるんだよ」という参考までにご紹介しました。

ヤンデレガールのレイさん

パパ活 付き合う
名前:レイ
年齢:19歳
仕事:学生
出会った場所:パパ活アプリ
交際期間(パパ活として):2か月間
交際期間(恋人として):1か月間

レイさんは、パパ活アプリがきっかけで出会った女性です。

そして、僕からのアプローチではなく、彼女からの好意に応える形で付き合った女性になります。

レイは、一人暮らしで学費も自分で払っているため、お金を稼ぐためにパパ活をはじめたそうです。

しかし、今までに出会った男性は70代や80代など、かなりの高齢ばかりで、しかも、その男性たちと大人交際もしていたため、ちょっと嫌気がさしていたそうです。

10代の女の子とエッチができる70~80代男性もすごいけど、70~80代男性とお金のためとはいえエッチができる女の子も、どちらもすごいですよね…

まあ、僕も40代なのにレイとエッチしているわけなので、人の事なんて言えませんが。。

というわけで、僕もレイと大人交際はします。

しかも、レイはそのへんの感覚がかなりユルく、初回の顔合わせ後に体の関係になってしまいました。

このときは、きちんとお手当を渡してパパ活としての関係からのスタートとなります。

その後、2回目に会ったときから、レイに変化が現れます。

2回目のデートでも大人交際をして、お手当を渡して、その帰り道、、

「リョウちゃん、可愛いし、このまま家に連れて帰りたい~~(><)」

僕が、レイの苦労話とか、今までに出会ったパパの愚痴とか、最初に出会った70代男性にストーカーをされた話などを、黙って聞いて、優しく慰めてあげていたら、懐かれてしまったようです。。

僕は、見た目は全然イケメンではないし、金払いもふつうなので、特にモテることはないのですが、たまーに、こういう形で相手に好かれることがあります。

今回のレイは、まさにそのケースというわけですね。

その後も、レイからメールで「会いたいです、いつ会えますか?」と会いたいメールがよく届くようになります。

はじめは「パパ活で稼ぎたいから、お手当狙いで会いたがってるのかな?」と思っていましたが、メールの文面の温度感から察するに、本当に僕に会いたいような感じが見て取れました。

その後、3回目のデート→大人交際を終えて、お手当を渡した後で、レイに切り出します。

リョウ「俺も、レイちゃんのこと好きだし、付き合わない?」

レイ「えっ!?ほんと??うれしーーー(*^^*)」

思いのほか、すんなりとOKをしてもらいました。

正直、一人目のフウカと比べると、顔はタイプじゃないし(美人系だし人によっては好きな顔だろうけど、僕にとって絶望的にタイプの顔じゃなかったんです)、体も微妙(ぽっちゃりなのに貧乳…)だし、体の相性も良いとは言い難い感じだったので、今となっては「なんで、告白したんだろう…」という感じなのですが、レイが『ちょっと押せば口説けるかな…』というほど、僕に対する印象が良かったので、その場の空気で口説いたというしかありません。

僕の思い付きのような感じで付き合うことになったレイ、、

そんなレイだったから、付き合うのも上手くいきませんでした。

こちらから告白しておいて、いつも会いたいとデートを提案してくれるのはレイの方からです。

僕は、大して好きでもないレイとデートをしたり、体の相性がよくなくイケないことも多いレイとのSEXをしたりして、「俺、何やってるんだろう…」と考えることが多くなってきました。

レイと付き合っていることのメリットというか、良い点は、「パパ活で出会った女性と付き合っている」「10代の子と付き合っている」「美人(僕のタイプではないが)と付き合っている」この3つくらいでしょうか。

顔も性格も特にタイプじゃなく、体の相性もよくないので、必然と短期間で冷めていきました。

というよりも、はじめから温度感が高かったわけではないので、冷めるも何も「最初から最後まで温まらなかった」と言った方が正しいでしょう。

自分では「付き合ったり、体を重ねていけば、心の方も変わってきたりするかな?」と思っていたのですが、結局、最後までそうなることはありませんでしたね。

結局、その後、レイと会う頻度も少なくなり、レイもそれを察したのか、だんだんとメールを送ってくる頻度も少なくなり、自然消滅のような形で別れることになりました。

ここまで書いて、なかなかのクズっぷりですが、「パパ活で出会った10代の女性と、比較的短い間で、恋人として付き合うことができた」という口コミレポートを、今回ここで披露できたのは、少なからず参考にはなったかな、と思います。

まとめ

パパ活 付き合う

今回、お話しした内容をまとめると次のとおりです。

・パパ活で恋人として付き合うケースは十分にあり得る
・しかし、可能性が高いとは言えない
・その理由には、男性と女性のパパ活への価値観の違いがあるため
・男性は「女性との大人も含めた交際」、女性は「お金・経済的なサポート」
・パパ活で付き合うには条件を満たすことが大切
①フィーリングが合うこと
②パパ活の目的(経済的なサポート)を全うする
③時間をかけて信頼を得る
④好意を伝え続ける(※告白はしない)
⑤非日常なデートでお互いの距離を縮める
・告白は、「お互いに好きなことの確認作業」として行うこと、それまでの関係性ができていないのに告白をするのはNG
・女性が男性(パパ)と付き合いたい場合は、比較的ラク
・未婚者は、パパが自分に好意を持っていれば簡単に付き合える
・既婚者は、一気に難易度が上がるが付き合うことは十分に可能

パパ活の出会いでも「恋人として、本気で付き合う」ことは、十分に可能だし、あり得ると感じています。

僕自身が、実際に経験したのももちろん根拠の一つですが、ネットの口コミや体験談を見ても、少なからずお付き合いに発展している人は実在していますからね。

そして、何よりも、「人間同士、男女のお付き合いである以上、出会いが何であれ、その関係がどうなっていくかなんて誰にも分からない」と思うのが正直な気持ちです。

「パパ活だから、絶対に恋愛のお付き合いになることは無い!!」なんて、なぜ断言できるのか?ということですね。

「わたし、不倫なんて絶対にありえないし、許せない!」って言ってる女性が不倫をしてしまったり、、

「キャバクラ(ガールズバー)の客と付き合うなんてナイナイ(笑)、みんなお客さんとしか見てないよ~~」と言っている女性が客と付き合ってしまったり、、

世の中、男女間の関係性なんて、良くも悪くもそんなものだと思っています。

もちろん、あくまで「付き合える可能性がある」だけであって、その可能性は低いです。

また、どんな人とでも付き合えるわけではありません。

付き合うことができる人は、ごく一部でしょう。

そのうえで、自分が相手に好きになってもらう工程も必要です。

その道は長く厳しいものになるかもしれません。

でも、絶対に無理なものではありません。

正しいやり方をして、間違ったやり方をしないで、時間をかけて、心を込めて、焦らずじっくり関係性を築けていけば、きっと相手にもその気持ちが伝わります。

そして、その結果が、「付き合う」ということにつながっていくでしょう。

「恋人として付き合う」ことに特化するなら、パパ活なんてせずに、出会い系・マッチングアプリやサイトを使ったり、街コンや合コンなどに参加した方が効率的かもしれません。

でも、パパ活で出会った相手が、自分の運命の人だと感じたら??

効率的とか、そんなことは言っていられませんよね。

出会いを探して、効率的な方法に進んでいくのもアリでしょうが、たまたま出会った相手のことが好きになり、それがたまたまパパ活だった、というケースも全然アリだと思っています。

そして、その相手と恋愛として付き合うのは、険しい道のりかもしれません。

でも、努力をすれば、きっと叶います。 僕自身、それを実体験として、身に染みて感じていますし、自信を持ってお伝えできます。 「パパ活だから…」と諦めず、好きになったのなら、その気持ちに正直に、頑張って、誠意を持って、好きな相手を口説き落として、付き合ってくださいね。

そのために、今回の情報が少しでも参考になれば幸いです。

以上で、「パパ活で付き合う可能性は|パパ活から本気のお付き合いに発展する?」の話は終わりになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
リョウ

リョウ

30代男性です。小さい会社を2つほど経営、あとは投資などでご飯食べています。パパ活歴は5年以上、交際クラブ4社登録、パパ活アプリ10個以上使用、出会った女性は100名以上。パパ活で経験したことを脚色せずそのままお伝えします。
この記事を書いている人 - WRITER -
リョウ
30代男性です。小さい会社を2つほど経営、あとは投資などでご飯食べています。パパ活歴は5年以上、交際クラブ4社登録、パパ活アプリ10個以上使用、出会った女性は100名以上。パパ活で経験したことを脚色せずそのままお伝えします。