パパ活ができるアプリやサイト、サービスのおすすめランキングをご紹介しています。口コミで人気No.1のおすすめパパ活アプリは?パパ活アプリの口コミ評価や評判で比較したランキングです。体験談も満載♪パパ活をしたい方はぜひご覧ください。

パパ活の被害で3000万を失った?実際に起こったパパ活被害を紹介

マリナ
WRITER
 
パパ活の危険性について
この記事を書いている人 - WRITER -
マリナ
20代の女性です。昔モデル・派遣バイト、今は受付の仕事をしています。パパ活歴は3年ちょっと。交際クラブやパパ活アプリで30名くらいの男性に会いました。今いるパパは3人(定期パパ1人、都度パパ2人)です。パパ活を通じて感じたこと、経験したことをご紹介していきます。

パパ活に注目が集まる中、パパ活をしている人が詐欺被害にあうことも増加していると言われています。中にはパパ活で3000万円の詐欺被害にあったというウワサもあり、「パパ活って怖い!」と思っている人もいるのではないでしょうか?

ここでは実際に起きたパパ活詐欺被害の口コミや体験談を紹介しながら、パパ活詐欺の特徴や対策を詳しく解説していきたいと思います。

実際にあったパパ活詐欺被害の手口や対策

実際に起きたパパ活での詐欺被害

パパ活の危険性について

今パパ活詐欺被害が急増していると言われており、ネット掲示板やパパ活サイトの評判、SNSなどでもパパ活で被害にあった人の体験談や相談が多く寄せられています。

「パパ活で3000万円取られた」というウワサもありますが、実際にはパパ活で3000万円騙し取られた事件はないようです。愛人だった男性にマンションから3000万円を持ち逃げされたという体験談がネット上にありますが、元々その3000万円は男性からもらっていたお金だったとのこと。

しかし、3000万円とは言わなくともパパ活で大金をだまし取られるということは十分考えられます。パパ活をしているという罪悪感や引け目によって詐欺被害にあっても警察に訴えることができず事件化していないものも多くあるのではないかと思います。

次に紹介するのはパパ活で詐欺被害にあった人がネットに寄せた相談や体験談を一部抜粋したものです。

被害①高級レストランで食事中に逃げられた

20代前半/女性/芸能関係

パパ活の危険性について

アプリで出会った男性と食事に行くことになって、どこがいいか聞かれたので一度行ってみたかった憧れの高級レストランをおねだりしました。

ホテルの中にあるレストランなのですが、お店に着くまでも着いてからも自然にエスコートしてくれてこういう場所に慣れているんだなと思ってしまいました。

最初は緊張していたんですが、その男性は話もうまくて徐々に打ち解けて楽しく話していました。その方のおすすめのワインなんかも開けていて、メインを食べ終わった頃男性がトイレに立ったんです。

いつまで経っても帰ってこなくて、数十分経ってようやく「逃げられた」と気がつきました。ワインもグラスに残っていて、本当に食事の途中という感じで自然にいなくなったので完全にやられました…。

ホテルの中だし高級レストランだし、まさかいなくなるなんて思いもしなくて呆然としてしまいました。幸いカードを持っていたのでそれで支払いはできましたが、かなりの痛手です。パパ活はリスクがあるって知っているつもりだったけど、実際自分がこんな被害に遭うなんて思いもしていなかったんですよね。

でもトイレまで見張るなんてできないし、どうすれば防げたんだろう??色々考えてたらパパ活自体がバカらしくなってきちゃいました。

被害②毎月30万のお手当に釣られて騙された

20代半ば/女性/会社員

パパ活の危険性について

50代後半の男性ですごく物腰が柔らかくていい男性だと思って、「こんな人が定期パパになってくれたらいいなぁ」と思っていたんです。食事をして、初回にも関わらず私のことを気に入ったと言ってくれて“月30”でどうかと持ち掛けられました。

それまでパパ活であまりいい思いはしていなかったので、つい舞い上がってしまって、その男性に嫌われないようにしたい!!と頑張りすぎてしまいました。

初回はご飯をごちそうしてくれたんですが、「これから長く付き合っていくんだから信用させてほしい、自分に尽くしてほしい」というような話をされて、それから食事代を出したりクレジットカードで男性の物を買ったりしてしまいました。

今思えば「バカだな、騙される」とわかるんですがそのときはとにかく「この人を逃したくない」と思ってしまって…。

そんなことが数回続いてモヤモヤしていたんですが「もうそろそろ信用してくれた?」とは聞けなくて。出会ってから1か月位経った頃に急に連絡が取れなくなって、会えなくなってしまいました。

電話もつながらないし、名前だって本名かわからないし、結局そのままどうしようもなく泣き寝入りです。パパ活で詐欺にあったなんて人に相談できることでもないですしね。

欲を出してしまって今ではバカなことしたな、と本当に思います。悔しいけど数万円の被害で済んでよかった、勉強代だと思って諦めました。

被害③クレジットカードが一枚抜かれていた

40代前半/男性/会社員

パパ活の危険性について

パパ活サイトで知り合った女性と食事に行き、お酒の勢いもあってそのままホテルに行ったんです。20代前半の本当にかわいらしい雰囲気の子で、パパ活は危険なイメージだったけど優しい人でよかったなんて持ち上げられて、いい格好がしたくてお小遣いを先に渡しました。

その後関係を持ち、そのまま何事もなく駅の近くで別れたんです。「また会おうね」と話して自然に別れたんです。で、帰宅してからたまたま財布を出したときにクレジットカードが一枚ないことに気がつきました。

お小遣いを先に渡していたからその後財布を見るタイミングがなくて、別れるまで気がつかなかったんです。本当にうかつですが、シャワーを浴びているときに盗られたんだと思います。

とりあえず急いでカードの停止手続きをしましたが、一件だけ買い物されていました。本名も財布の中の免許証で確認したんでしょう。かなりショックでしたが、自分が油断していたということですね。

パパ活詐欺被害の手口や特徴と対策

パパ活被害①お手当詐欺

パパ活の危険性について

パパ活詐欺被害の中でよく見られるのが「お手当・お小遣いがもらえなかった」というものです。お手当やお小遣いの金額を約束していたにも関わらず「今日は手持ちがない」「現金は持ち歩かない主義だから振り込みにする」「面倒だからひと月分まとめて渡す」などと言われてお手当・お小遣いがもらえないということはめずらしくないようです。

特に高額のお手当を約束していたり、“月数十万”などと定期での金額を決めていたりすると、女性としてもあまり強く催促することができないということは多く、そのままお手当・お小遣いをもらえないまま連絡が取れなくなってしまうケースがあるようです。

パパ活被害②食い逃げ・ヤリ逃げ

パパ活の危険性について

お手当詐欺と似ていますが、一緒にした食事代を出さずに逃げる、ホテルでお金を払わずに帰ってしまうといったことも少なくありません。

食事の途中で帰ってしまう場合、ほとんどがトイレに立つふりをして逃げるというものですがトイレや出入り口が死角になっている席からだとどうしても把握することがむずかしいと思います。

高級レストランなどに行く場合はある程度相手を信用できるようになったり、個人情報を少しでもつかむことができてからにした方が安全だと思います。

関係性を築くまではカフェなどで会うようにするか、ホテルのラウンジのように出入りがわかりやすいレストランでの食事にするようにしましょう。

また、体の関係を持ったにも関わらずお手当をもらえない、いわゆる“ヤリ逃げ”もパパ活の中ではあるようです。“ヤリ逃げ”を防ぐためにはやはりお手当・お小遣いを先にもらうことを徹底することです。

パパ活でのリスクは男性にも分かっていることだと思うので、先払いを要求しても普通はきちんと理解して渡してくれるはずです。ここであれこれ理由をつけて先払いを渋るような男性であれば、危険度が高いので関係を断った方がいいかもしれません。

先払いでもらっていたとしてもシャワーのタイミングなどでどちらかが部屋にひとりになるような状況は避けるようにしましょう。また、万が一の被害を想定してパパ活相手に会うときは必要以上の現金やクレジットカードなどを持っていかないなどの対策も有効です。

パパ活被害③クレジットカード詐欺

パパ活の危険性について

パパ活で見られる詐欺の中にはクレジットカードによる詐欺被害もあります。経済的にゆとりがあり、社会的地位も高い男性を演じる人が「クレジットカードの上限を上げてあげる」「自由に使えるカードをつくってあげる」などと言ってクレジットカードを騙し取ったり、「経費で倍にして返す」などと言って食事代などを女性にカードで支払わせるなどの詐欺が行われることもあります。

何を言われたとしても、クレジットカードを他人に渡すというのはおかしなことであるということをしっかりと認識し決して相手に渡してしまったり、支払いを代わるということのないようにしましょう。

パパ活被害④美人局、恐喝

パパ活の危険性について

パパ活のリスクや危険性というと女性が被害にあうパターンが多く見られますが、男性がターゲットになるものとして“美人局”が考えられます。

美人局はパパ活で会っている女性の配偶者やパートナーなどと名乗る男性が現れて、不貞の慰謝料を要求されたり、「援助交際をバラされたくなかったらお金を払え」と恐喝されたりするもので、これは犯罪行為です。

積極的にホテルや人目のない場所に行きたがる女性や、過去の男性や配偶者から暴力を受けていたと打ち明けてくる女性、デート中にスマホをいじっていることが多い女性などには要注意。

自分が既婚者であることや周囲に危険な男性がいることを伝えておくことで、実際に脅迫・恐喝したときに簡単にお金を出すように伏線を張っているのです。

パパ活詐欺被害にあったら訴えることができる?

パパ活の危険性について

パパ活での出会いの中で詐欺被害にあった場合、警察に訴えることは有効なのでしょうか?

簡単に言うと、体の関係の代償としての金銭が支払われないことについては警察に訴えてもどうにもならないと思います。“公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする”という定めがあるため、売春・買春にあたる行為の中での詐欺は成立しないというのが基本的な考え方です。

ただし、クレジットカードや現金の持ち逃げ、美人局や恐喝など不当な金銭のやり取りについては詐欺罪に該当する場合も多いため、相手が逮捕されるかどうかは別として警察に被害届を出すことは可能です。

<まとめ>パパ活詐欺被害の手口や対策について

パパ活の危険性について

パパ活詐欺被害は現在急増していると言われています。パパ活がさまざまなメディアで取り上げられ、注目度が集まることでネットでの出会いに不慣れな人がパパ活アプリを使い始めたり、そういった人を詐欺のターゲットにしようとしている人が増えたことで被害が増加していると考えられます。

パパ活は金銭が絡む男女関係ということで、違法性はなくともリスクや危険性は高いことは間違いないでしょう。そのため、パパ活ではあらゆるリスクを想定し、トラブルにあわないための安全対策を行い自分で自分の身を守らなければならないと思います。

もちろん、相手を騙し詐欺を行う人物が最も悪いことは明白ですが、自分なりに身を防ぐ方法をしっかりと考えて行動するようにしましょう。

パパ活で実際に起きた事件については、こちらのページで詳しくお話ししていますので、興味がある方は一度見てみてください。
⇒ パパ活にはこんな危険性がある|実際に起きた事件とは?

The following two tabs change content below.
マリナ

マリナ

20代の女性です。昔モデル・派遣バイト、今は受付の仕事をしています。パパ活歴は3年ちょっと。交際クラブやパパ活アプリで30名くらいの男性に会いました。今いるパパは3人(定期パパ1人、都度パパ2人)です。パパ活を通じて感じたこと、経験したことをご紹介していきます。
この記事を書いている人 - WRITER -
マリナ
20代の女性です。昔モデル・派遣バイト、今は受付の仕事をしています。パパ活歴は3年ちょっと。交際クラブやパパ活アプリで30名くらいの男性に会いました。今いるパパは3人(定期パパ1人、都度パパ2人)です。パパ活を通じて感じたこと、経験したことをご紹介していきます。