パパ活ができるアプリやサイト、サービスのおすすめランキングをご紹介しています。口コミで人気No.1のおすすめパパ活アプリは?パパ活アプリの口コミ評価や評判で比較したランキングです。体験談も満載♪パパ活をしたい方はぜひご覧ください。

パパ活はドタキャンが当たり前?気になる内容や頻度を徹底解説

リョウ
WRITER
 
パパ活の危険性について
この記事を書いている人 - WRITER -
リョウ
30代男性です。小さい会社を2つほど経営、あとは投資などでご飯食べています。パパ活歴は5年以上、交際クラブ4社登録、パパ活アプリ10個以上使用、出会った女性は100名以上。パパ活で経験したことを脚色せずそのままお伝えします。

パパ活コンシェルジュのリョウです。

こちらでは、「パパ活とドタキャン」をテーマにお話しをしています。

友達や恋人同士、仕事関係でも、人間関係ではよく問題になる「ドタキャン」ですが、パパ活でも同様にあるのでしょうか?

パパ活だろうと、せっかく会う約束をしていたのにドタキャンされるのは悲しいし辛いですよね。

今回は、パパ活では、どういったシチュエーションでドタキャンが発生するのか?どれくらいの頻度で、どういうタイプの人がドタキャンをするのか?また、ドタキャンよりも酷いバックレも含めて、徹底解説したいと思います。

5年間のパパ活の中で、数々のドタキャンをされまくってきた(笑)リョウが自分自身の体験談を元にご紹介しますので、興味のある方は参考にしてくださいね。

パパ活にドタキャンは存在する…しかも多い…

パパ活の危険性について

結論から先に言ってしまうと、「パパ活にドタキャンは存在します」

そして、「ドタキャンの確率は非常に高い」です…

むしろ、ドタキャンよりも最悪な「バックレ※」も横行しているほどです。※約束をキャンセルの連絡もせずすっぽかすこと

交際クラブなどの、間に仲介サービスが入るパパ活だとまだマシですが、パパ活アプリやTwitterなど個人間でやり取りをするパパ活だと、基本的にドタキャンばかりと思ってください。

私が、5年間のパパ活で痛いほど感じていることです。

パパ活におけるドタキャンとは

ドタキャンの意味は説明するまでもないですね。

約束していたことを、土壇場(ギリギリ)でキャンセルすることです。

では、パパ活においてドタキャンとは、どういったことを言うのでしょうか?

会う約束をギリギリでキャンセル

パパ活の危険性について

こちらも、説明するまでもないかもしれませんが、、パパ活においてのドタキャンは「会う約束をギリギリになってキャンセルすること」を言います。

「いつからがドタキャンになる?」と思うかもしれませんね。

このあたりは、人それぞれ感覚が違うので、「当日のキャンセル」をドタキャンと言う人だったり、「2~3日前のキャンセル」をドタキャンと感じる人もいます。

人それぞれ、ドタキャンの感覚は違うと思いますが、一般的には、約束していた日の「前日」もしくは「当日」にキャンセルをすることを、「ドタキャン」と言っています。

これは、私が入会していた多くの交際クラブで、前日と当日の2つをドタキャンとして扱っていたからですね。

交際クラブでは、デートのセッティングが完了した後、デート日の前日に、女性に「明日はデート日ですが、予定通り大丈夫ですか?」と確認があります。

そのとき、女性が「体調が…」「急な予定が…」などでキャンセルした場合、「前日ドタキャン」となります。

また、デート当日でも、理由が何であれ、キャンセルすると「当日ドタキャン」となります。

なお、交際クラブでは男性への確認は基本的にしていませんが、男性も、同じような理由で前日か当日にキャンセルをすると、「前日or当日ドタキャン」となります。

ドタキャンをするとパパ活で不利に?

パパ活の危険性について

当たり前ですが、前日ドタキャンよりも当日ドタキャンの方が、印象は悪いですね。

特に、当日ドタキャンの場合、約束の時間の数時間前のキャンセル(午後6時からディナーの約束をしていたが、午前中にキャンセルの連絡)なら、まだマシですが、約束の時間の1時間前や30分前といった本当にギリギリになってからのドタキャンだと、相手がすでに待ち合わせ場所に向かっているorもしくは到着している可能性もあるので非常に迷惑です。

もし、ホテルやキャンセル料がかかるようなお店を予約していた場合、金銭的にもダメージを受けますからね。

パパ活アプリなど、個人間でやり取りをするパパ活だと、相手にドタキャンされてもどうしようもないですが、交際クラブでドタキャンをしてしまうとクラブでの会員としての評価が下がりますので、そのクラブでのパパ活がしづらくなります。(プロフィールページに「前日キャンセルありました」など記載されてしまう)

このように、利用するサービスによっては、パパ活自体がしづらくなってしまうのが、ドタキャンをすることのペナルティになります。

パパ活アプリなど、個人間で行うパパ活なら、ドタキャンをした相手からは嫌われるかもしれませんが、そのときはまた次の相手を見つければいいですし、あまりダメージはないでしょう。

パパ活アプリではドタキャンは日常茶飯事

パパ活の危険性について

というわけで、パパ活アプリではドタキャンをしようがされようが、それで何かアプリでペナルティを受けるわけではありません。

なので、ドタキャンは日常茶飯事です。

①ドタキャンよりも厄介なバックレもある

むしろ、ギリギリだろうとキャンセルの連絡を入れる時点でまだマシで、中には、連絡もなしにバックレる、いわゆる「バックレ」も少なくありません。

ドタキャンをされる側からしたら、怒りや悲しみなど非常に辛い気持ちが芽生えるものですが、パパ活という希薄な人間関係の男女交際なうえに、お互いの個人情報も知らないアプリでの出会いなので、仕方がないのかもしれません。

ちょっと、体調が良くないとか、予定が入ったとか、気が乗らないなど、些細な理由でも、簡単にドタキャンをしてしまうのがパパ活の現状となっています。

私も、パパ活アプリでいろいろな人と会う約束をしましたが、正直、3人に1人は会う約束をしてもドタキャンをされました汗

また、約束していた時間になっても待ち合わせ場所に現れない、バックレも、何度か経験しています。

バックレも珍しくない頻度であるから、むしろ、連絡をもらえるだけ有難い…!と、ドタキャンでも連絡をしてくれることに感謝すらしていました笑

それくらい、パパ活ではドタキャンやバックレが横行していて、約束事の感覚が狂っていましたね。

まあ、ドタキャンをした相手は、基本的には切るようにするので、二度と会う事はなくなりますが。。(見た目がかなりタイプなど、よほど会いたい相手でない限りは切る)

バックレされた相手に関しては、問答無用で即切りですね。

ドタキャンをした相手も、もうこのご縁は切れてもいいと思ってドタキャンをしているでしょうから、気にはならないでしょう。

というわけで、パパ活アプリは、完全に個人と個人のやり取りでのパパ活になり、会う約束を守らなかったからといってペナルティなどは無いので、お互いにドタキャンし放題、バックレし放題です。

そんな無法地帯なのが、パパ活アプリでのパパ活の現状だと思ってください。

※もちろん、きちんと約束を守って会ってくれる人、仮にキャンセルをするにしても、ドタキャンにならないよう数日前には連絡をしてくれる人もいます。そういった一般常識を持った人がいるのも事実です。

交際クラブだとドタキャンは減る

パパ活の危険性について

一方で、交際クラブを利用したパパ活だと、ドタキャンの頻度はグッと減ります。

理由は、クラブが間に入って仲介役になるから、あとはドタキャンをしたときにペナルティが発生するからですね。

パパ活アプリなどの個人間のみのパパ活だと、関係者は相手一人だけになるので、ドタキャンしてしまっても、その相手一人にしか迷惑は掛かりません。

なので、気楽にドタキャンをしてしまえるわけですが、交際クラブを利用したパパ活だと、初回デートに限っては、セッティングからデート後のフィードバックなどをクラブが仲介しています。 そのため、もしドタキャンをしてしまうと、その情報が交際クラブにそのまま伝わってしまうわけですね。

それによって、交際クラブから頭ごなしに怒られるような事は無いでしょうが、注意はされるでしょうし、あまりに酷いドタキャンや常習犯になってしまうと説教・怒られることもあり得ます。

パパ活相手はもちろん、クラブにも迷惑がかかることになり、しかもクラブとなると大きな組織になるので、あまり気軽にドタキャンをする意識にはならなくなる、というのが一つ目の理由です。

①ペナルティの存在

あとは、交際クラブによってルールは異なりますが、大半の交際クラブでは、ドタキャンをした場合に何かしらのペナルティを用意しているケースが多いです。

軽いものだと、女性の場合はドタキャンした回数をプロフィールページに記載される(男性からのオファーが減ってしまう)といった内容から、罰金を払わされるケース、最悪の場合強制退会もあり得るでしょう。

パパ活アプリでのパパ活だと、もし仮にドタキャンをしても、そのドタキャンした相手から嫌われるだけ、それ以上の何かはありません。

しかし、交際クラブでパパ活をする場合、そういったペナルティを受ける可能性があるので、女性も男性もうかつにはドタキャンが出来ないようになっているんですね。

これが、交際クラブでパパ活をするとドタキャンが少なくなる二つ目の理由になります。

この2つの理由によって、交際クラブでパパ活をすれば、バックレはおろか、ドタキャンの心配も少なく、安心してパパ活ができますよ。

パパ活でドタキャンされない方法

パパ活の危険性について

ここからは、パパ活でドタキャンをされない方法についてご紹介したいと思います。

これまで、ドタキャン続きでうんざりしている方や、これからパパ活をするけどドタキャンが心配な方は参考にして下さい。

前日、当日とギリギリまで確認の連絡をする

パパ活の危険性について

まず、大事なのは、約束をしたあとも、約束当日まで相手と小まめに連絡を取ることです。

毎日何回も連絡するなど多すぎると、ウザがられてしまいますが、適度な連絡は必要です。

特に、約束をした前日と当日には一度連絡をするようにしましょう。

「明日はよろしくお願いします。お会いできるの楽しみです♪」

「今日はよろしくお願いします。到着したらまた連絡しますね(^^)」

こんな感じで、軽い内容でいいので、きちんと連絡をするようにしましょう。

きちんと連絡を入れることで、相手にも「会わなきゃ、行かなきゃ」という気持ちを引き出せますし、ドタキャンの防止に少なからず効果的です。

①返信がない場合は、ドタキャンの可能性大

パパ活の危険性について

なお、このように事前連絡を入れた時点で、返信が無い場合、LINEが既読も付かない場合は、バックレの可能性が非常に高いです。

この時点で、待ち合わせ場所に行っても、来ない可能性は極めて高いので、一縷の望みに掛けて行くのではなく、すっぱりと諦めましょう。

大体、約束したのに、連絡も無しにバックレるようなヤツに、ロクな人間はいませんので、もし仮にその後また会えたとしても、長く良い交際は続かないでしょう。

長年のパパ活経験から断言できます。

以上、約束を決めた後でも、前日・当日などの事前連絡を入れることは、ドタキャンの防止になるとともに、バックレによる待ちぼうけ回避にもつながるので、必ずするようにしてください。

相手が会いやすい時間・場所で待ち合わせる

パパ活の危険性について

あとは、パパ活でドタキャンされにくい方法としては、相手が会いやすい時間や場所で待ち合わせることも大事です。

特に男性だと、自分で好きな時間や場所に決めてしまいがちですが、それが相手にとって都合の悪い時間や場所の場合、ドタキャンの確率が高まります。

約束をするときは「まあいいか」くらいでOKをしても、約束の日が近づいてくるにつれて「面倒くさいなぁ…」という気持ちに変化していくんですね。

これは、待ち合わせ時間が早い(昼前とかお昼どきなど)、逆に遅い(夜8時以降など)や、女性の自宅など都合の良い場所から遠い、アクセスが悪いといった、悪条件の約束のときによく起こります。

男性でもそうですが、相手にとって都合の悪い時間や場所であるほど、ドタキャン率は上がってしまうので、それを避けるためには、相手にも会わせて待ち合わせ時間や場所を決めた方がいいでしょう。

例えば、相手が朝が苦手な夜型人間の場合は、お昼時など早い時間帯にしてしまうとドタキャン率が高くなります。

逆に、夜はバタバタしていそうな仕事に就いていたりすると、夜に約束するとドタキャン率が高くなります。

場所でいうと、相手の自宅から電車で1時間以上も掛かるような場所だと、相手の腰も重くなります。

極力30分以内、掛かっても1時間は切るような場所で待ち合わせてあげるのがベターです。

このように、相手が行きやすい時間や場所で待ち合わせる・約束をすると、ドタキャンもされにくいですよ。

パパ活だと、本当に些細なことですぐにドタキャンされてしまうので、それを避けるためにも、場所や時間も意識してやり取りするようにしてください。

良い条件を提案する

パパ活の危険性について

これは、主に男性から女性への、お小遣いやお手当の条件になります。

良い条件を提案して、金払いの良いパパをイメージさせることで、女性の男性への優先順位を上げてくれて、ドタキャンをさせにくくする、というものです。

女性の中では、意識か無意識か、何事も優先順位が決められています。

例えば、パパ活をしていてパパがいても、彼氏もいる女性の場合、非常に高い確率で、優先順位は彼氏>パパとなります。

なので、パパと約束をしていても、その日に彼氏からデートのお誘いを受けたら、高い確率でドタキャンされます。

彼氏は仕方がないにしても、友達だったり、家族だったり、学校や仕事の都合で、パパ活の優先順位が低ければ、意図も簡単にドタキャンされてしまうんですね。

それを避けるためには、パパ自身が女性のパパ活への(自分への)優先順位を上げてもらう必要があります。

その方法論としておすすめなのが、「お小遣いやお手当の条件」ということですね。

もちろん、パパのルックスやトーク力、フィーリングなど、一緒にいて楽しい・居心地が良い、といった要素も大事ですが、パパ活である以上、女性にとって一番大事になってくるのは「お金」になります。

そのため、何よりも、良い条件のお小遣いやお手当を提示してあげることで、女性のパパへの優先順位を上げることを意識しましょう。

例えば、大人交際をするパパ活女性だとしたら、相場以下はもちろん、相場くらいの金額でもダメ。

少なくとも、相場から1万円は多い金額を提示するようにします。(大人交際の相場が5万円だとしたら、6万円にするなど)

こうやって、女性の中で、「このパパは、他のパパと比べてもお手当の金額が高いから、積極的に会わなくちゃ!大事にしなきゃ!」と思わせるんですね。

そして、このお手当の金額は高額にすればするほど、女性の中での優先順位をどんどんと高めることが可能になります。

極端な話、大人交際有りの場合、お手当の金額を10万円以上にすれば、高い確率で「相手からお誘いがくる」レベルで大事にされます。

まあ、結局金かよ…と空しくなるかもしれませんが、あくまでドタキャンをされないための方法論として考えてください。

一回のお手当を10万円以上にすれば、相手女性が仮に複数のパパを抱えていたとしても、その中で一番高い優先順位に上げてもらえるでしょう。

また、パパ活以外の、他の人間関係を含めても、優先して会ってくれるようになります。

その結果、約束した日は必ず守る、ドタキャンをしにくくなる、という寸法ですね。

この方法は、経済的に余裕のある男性にしかなかなか使えない方法ではありますが、何が何でもドタキャンをされたくない人や、この子はお手当を相場以上サポートしてでも大切にしたい!と思えるような女性と交際しているなら、取り入れることを検討してみてください。

ドタキャンのデメリットを意識づける

パパ活の危険性について

最後に、ドタキャンによって発生するデメリットを意識づける、というのも手の一つです。

この一つ前にご紹介した「良い条件を提示する」と似た内容になるかもしれませんが、こちらはどちらかと言うと「ドタキャンすることで悪いことが起こる」ことを想定させるんですね。

例えば、怖い目に遭う、脅されるなどのリスク面を相手に感じさせる、というものです。

そのため、このやり方は逆に、切られるリスクも抱えており、他の3つの方法と比べて、あまりおすすめできるものではありません。

あとは、相手を少なからず恐怖で支配するやり方になるので、自分の交渉力・人心掌握術も大事になりますし、相手の性格も重要になってきます。

怖いと感じることをされたら、すぐにその相手を切ってしまう人もいれば、すんなりいう事を聞くようになる人もいますからね。

このやり方が通用する相手を見定める必要はあります。

誰でもかれでも、デメリットを意識づけて成功するわけではないので、その点は覚えておいてください。

あくまで、ドタキャンを防ぐ一つの手として、「ドタキャンをすることで、相手から怖い目に遭わされる恐怖を感じさせる・覚えさせる」ことが挙げられる、というものになります。

さいごに

パパ活の危険性について

今回、お話しした内容をまとめると次のようになります。

  • パパ活ではドタキャンが多い
  • ドタキャンよりも酷い、連絡無しのバックレも少なくない
  • 特に、Twitterやパパ活アプリなど、個人間でやり取りするパパ活だとドタキャン率は高い
  • 交際クラブでパパ活をすると、ドタキャンの心配は少なくなる
  • パパ活でドタキャンされないための4つの方法がある
  • 1つ目は、前日・当日と細かく確認の連絡をする
  • 2つ目は、待ち合わせ時間や場所を、相手の都合に合わせる
  • 3つ目は、お手当など、良い条件を提示する
  • 4つ目は、ドタキャンすることのデメリットを意識づける

人間関係では、何かと問題になる「ドタキャン」

友達同士でも、恋人同士でも、仕事の付き合いでも、人間関係である以上、ドタキャンは起こり得ます。

そんな中で、パパ活は、ややアンダーグラウンドで、かつ人間性がやや希薄な関係になってしまう遊びなので、どうしても他の人間関係以上にドタキャンの可能性は高くなっています。

パパ活を少なからず続けている方なら、ドタキャンされた方も、した方も少なくないのではないでしょうか?

私は、圧倒的にドタキャンされる側でしたが笑

というわけで、パパ活をする以上、ドタキャンをゼロにすることはできません。

そのため、ドタキャンの存在に関しては割り切ってしまって、むしろ、ドタキャンが当たり前くらいのスタンスで、どーんと構えていた方が、精神衛生上も良いです。

会いたくて、楽しみで、ドタキャンのことなんて頭に入れずに、待ち合わせてしまうと、いざドタキャンされたときに、相当なショックを受けますからね…!

あくまで、パパ活ではドタキャンされるのが、ある程度仕方がないと構えつつ、そのうえで、なるべくドタキャンをされないように、良いパパ活パートナーを見つけたり、今回ご紹介した4つの方法を参考にしてみてください。

あなたのパパ活が、少しでもドタキャンやバックレの憂き目に遭わず、楽しい時間になれるよう、少しでも参考になれば幸いです。

以上で、今回の「パパ活はドタキャンが当たり前?気になる内容や頻度を徹底解説」は終わりになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
リョウ

リョウ

30代男性です。小さい会社を2つほど経営、あとは投資などでご飯食べています。パパ活歴は5年以上、交際クラブ4社登録、パパ活アプリ10個以上使用、出会った女性は100名以上。パパ活で経験したことを脚色せずそのままお伝えします。
この記事を書いている人 - WRITER -
リョウ
30代男性です。小さい会社を2つほど経営、あとは投資などでご飯食べています。パパ活歴は5年以上、交際クラブ4社登録、パパ活アプリ10個以上使用、出会った女性は100名以上。パパ活で経験したことを脚色せずそのままお伝えします。